FC2ブログ

にゃんだく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

養母?

安芸ちゃん、比叡はお乳でませんよ^_^;

mini_141124_011548.jpg

榛名には遠慮してお乳を飲もうとしてませんでした。
なのに、何を思ったか比叡のお乳を吸っていました。
比叡の困ったような・・何ともいえない表情が・・・^_^;

少し経つと・・ちょっ!むっちゃん! 

mini_141124_011654.jpg

この状態はすぐ終わりましたが、びっくりです。

後は仲良くおねむでした。
mini_141124_013145.jpg

スポンサーサイト

このページのトップへ

キレイキレイに

今日はいつもより暖かい日で、扶桑の傷も治ったので洗いました。

暴れるかなと思ってたのですが、意外と大人しかったです。

ブルブルブルと揺すられて、1回水を飛ばされましたが・・^_^;
ドライヤーである程度乾かして、後はコタツで温めました。

ふかふかの毛になりました。
mini_141122_192725.jpg

ケージで鳴いてると、ケージから出して抱っこをしてもらえるということを覚えた扶桑は、
最近しつこく可愛い声で鳴くようになりました。
1ヵ月後にエイズ・白血病検査をして陰性だったら開放になります。

このページのトップへ

去勢手術

今日は、陸奥・伊吹・霧島の去勢手術をしてきました。

7時40分に予約をしに行って、2番目ゲットしましたv(・◎・)ブイッ
運良く先生がいらしたので、伊吹の右目から出る目やにのことを聞いてみました。
麻酔が効いてる時に診てくれるということでした。

引き取りは夕方ということで、仕事が終わってから行ってきました。

ケージ1つで行ったのですが、「手術後は何があるかわからないので別々のケージにしました」と病院のケージ2つに伊吹と霧島が入っていました。
手術後の注意事項を聞いて終わりました。

待合室で支払いを待っている間、ケージの3匹を覗いてみると、陸奥は枯れた声で「ビミャー」と鳴きました。
霧島は指を突っ込むとベタベタ寄って来て、撫でてやると気持ち良さそうにしていました。
すっごく不安だったんだと思います。
伊吹は真っ黒でよく見えませんでした・・(・_・;)

1匹21000円で63000円払って帰りました。

帰って、ケージから出すと、陸奥が気性が荒くなっていて、「シャーシャー」言いまくりで
それに釣られて伊吹も「シャーシャー」・・。
霧島だけが大人しくしていました(この子は大物かも)

明日の朝6時までは餌も水もダメなので、洗面所に隔離です。

2、3日は具合が悪くならないか注意していないといけません。

陸奥・伊吹・霧島、痛い思いさせてごめんね・・。
mini_141118_204012.jpg
mini_141118_204204.jpg
mini_141118_203700.jpg



このページのトップへ

その後の様子

どうやら原因はフードのようです。

7日にいつものフードが届きましたので、早速変えてみました。
その結果、昨日、今日と下痢の様子は見られません。

皆、元気に走り回っています。

何はともあれ、ホッとしました。

このページのトップへ

原因は?

昨日から、伊吹以外の仔猫の便が軟らかいのが心配です。

【原因として考えられるもの】

○いつものフードが切れたため、新しいフードを与えたから。
 足りなくなると違う銘柄のフードは買っていたのですが、今回は今まで与えたことのない銘柄のにしてみました。

○季節の変わり目。
 コタツに入ったり出たりや、朝夕の気温差が激しいから。

○扶桑が増えたから。
 扶桑にはワクチンはまだしていませんが、家の子は終わっています。
 ただ、3種ですのでエイズ、白血病だと感染の可能性は0ではありません。
 扶桑は隔離していますので、猫同士の接触はありません。

以上ですが、今日いつものフードが届いたので様子を見てみます。
猫達は元気はいいです。

このページのトップへ

外猫

安芸達の兄弟であろう外猫がくしゃみと鼻水が出てて心配だったのと
背中にこぶが出来て、どんどん大きくなってるので病院に行ってきました。

病院への車の中でずっと唸っていました^_^;
mini_141101_085051.jpg

狭いところに入れられ、どこかに連れて行かれてるのだから怖かったのでしょう^_^;

診察室でケージから出して、暴れるのを覚悟しましたが大人しかったです。
mini_141101_092550.jpg


先生にこぶを診てもらったら、喧嘩の時にできた傷だろうということでした。
逃げるこの子の背中に噛み付いたのだろうと・・。
もしかしたら、熱があるかもしれませんねと言われました。

猫は皮膚の傷が先に治るので、そこから化膿してしまったら、膿が外に出ずにたまってこぶになるということでした。

傷は完全に治っていたので、毛を剃って、皮膚を切開して膿を出しました。
mini_141101_091147.jpg

傷の中に、薬を塗りこむのを見てると、こちらが「うぅぅ・・」って気持ちになりました。
猫は我慢強いです。

猫風邪の方は、化膿止めと猫風邪にもいいという注射で様子見ということになりました。
飲み薬ももらいました。
1日2回の薬だけど、外猫だから来ない日もあるから1回で済ませるようにしてくれました。

傷口を舐めないように、お腹にテープを巻いてもらいました。
mini_141101_094306.jpg

診察料、処置料、注射2本、飲み薬で7300円でした。

家に帰ってお風呂場を仮の住まいにしました。
家の猫はワクチン接種は終わっていますが、一応この子を触ったら感染しないように手洗いをした方がいいということと、猫エイズ、猫白血病の検査はしてないので、隔離して家の猫を守るためです。

お風呂場での彼。
mini_141101_095628.jpg

お薬入りの缶詰も食べました。
お風呂場の扉を開けると最初はシャーって言われますが、頭を撫でるともうデレデレになります。
可愛い子です。

ここまで撫でられるようにするまで、結構日にちがかかりました^_^;
餌を食べてる時に、ちょこっとずつ触って慣らしていきました。

ある日突然、足に擦り寄ってくるようになったのは、(痛みはないようでしたが)背中の傷が本能で何かしら危険を感じさせていたのでしょうか。

お外に返そうと思いましたが、天気が悪くて地面が濡れていたのと、アレルギーの家族の了解を取れたので、一応保護という形になりました。
家の猫が病気を移されるのがとても怖いみたいで、この子が猫風邪にかかっているのが気になっているみたいです。

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。