FC2ブログ

にゃんだく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

今日の診察

昨日より症状が悪化していました。

ゲホゲホと鼻が詰まったような感じが新たな症状として増えました。
夜中も息苦しそうでした。静かになると生きているのか確認しました。

診察室に入って先生に
「何も食べられず、目も揺れているので連れてきました。」と伝えました。

先生は比叡を診て、
先生「犬がこうなるのは診ましたが、猫は初めてです。昨日の手術のすぐ後は目の揺れはなかったんですが、頭を打つようなことはなかったですか?」
「なかったです」と答えると
先生「激しくグルグル回ったり、動いたりもなかったですか?」
「ないです。おしっこに行きたい時に動いたくらいで後は寝ていました」

先生がおっしゃるには、自分が何をされているかわからず、パニックになってしまったのかもと。耳を手術したことが原因になっているのは間違いないと。

点滴で水分補給して、吐き気止め等の注射3本しました。
明日も水分補給に等の話を聞いていたら、私が気分が悪くなってキャリーケースに座ったりしていたら、先生が気付いてくれて、休んでいてくださいと言われて
ました。待合室で比叡の様子を見ながら、会計を済ませて帰ろうとしたら「もう少し休んで帰ってください。中には横になれるところもあります。お水飲まれますか?」とか凄く優しいです。お水は申し訳ないんでお断りしたんですが、数分経ったらお茶を持ってくてくださって一口いただきました。

変な汗が出て、落ち着くのを待っていたら、先生が、
「猫も、その様子をみる人間も具合が悪くなったらいけないので、預かります。」
「面接は診療時間内ならいつ来られてもいいです」
と言ってくださったのでお言葉に甘えました。
費用はいくらかかるのかとお聞きしたら、「そんなにかからないようにします」と。
数分休んで、病院を後にしました。

夕方、旦那仕事終わりに病院に面会に行くとういうことで、私も一緒に。
バランス崩した倒れ方が半端なくひどい。 不安がいっぱい。

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お久しぶりです。
比叡ちゃんが大変なようで。。。
膀胱炎や腎臓と心配が重なっていたんですね。
それではブログどころではなかったですね。

耳の中の血豆のようなもの。
うちのモカの事を思い出しました。
比叡ちゃんは手術で切除しなくてはいけないほど大きかったんでしょうか?
モカはまず分泌物を病理検査に出して結果を見てからとなり良性だったのと以前よりアチコチに出来ていたので大きくならない限りはそのままとなりました。その後も大きさ変わらずです。

術後に異変は心配でたまりませんね。
長期の治療以外の事まで重なってご心労をお察しいたします。
にゃんこかあさんまで大丈夫ですか?
かあさんまで倒れたら。。。

猫ちゃんの治療代はマジに高いのでそれも苦労しますよね。
病院によってマチマチなので予算も組みづらい。。。
 
にゃんこかあさん。
お大事にして下さいね。
比叡ちゃんの回復を遠くからですがお祈り致します。

azukiママ | URL | 2017-09-23(Sat)20:48 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。